エチュード-みゆはん 音域~高すぎる?広い?解説[ピックアップ]

この記事では、
「音域データが知りたい!」
「高すぎて歌えない!」
「この曲歌えたら自分の音域って広い?」
そんな悩みにお答えします。

私は、現在フリーランスで作曲家、プロデュースをしています。
10年ほどの期間、
ボーカリストにあった曲を作ったり、
レコーディングでは、ボーカルディレクションで細かい指示を出しています。
そんな私が、初心者の方へ向けて以下の内容をわかりやすくまとめました。

音域データ

地声最低音mid1G
地声最高音hiB
裏声最高音hiE
最高音出現箇所ラストサビ:きみのことがす「き」だ「よ」
音域指数21
音域レンジ(狭い/普通/広い)広い
テンポ(ゆっくり/普通/速い)普通
難易度(楽/普通/むずい)むずい
※音域指数とは1=半音、12=1オクターブ、24=2オクターブ



高すぎて歌えないときの3つの対処法

高音域を広げる

高音域を広げるためには沢山のトレーニングがあります。
ボイトレやスクールに通うことで音域を広げるのには、
長期的な時間がかかることが多いです。
その中でも、即効性のあるものを紹介します。

1、下を向いて歌う

実は高音は上を向くよりも下を向いて歌った方が出やすいです。
マイクと首の角度を下向き45°~30°ぐらいにしてうたってみましょう。

2、頭から声を出すイメージ

声自体は前に出していることは事実ですが、
響きを頭から出すイメージを持つと高い声が出やすくなります。
「鼻声」が少し声が高くなるように、
「頭声」のようなイメージで、
声を頭から鳴らすイメージをしてみましょう。

3、腹筋を使って声を出す

わかりやすく説明すると、
腹筋をするときのように、
目一杯お腹に力を入れて声を出しましょう。

下を向く→腹筋から頭へ向けて声を出す

このようなイメージで歌ってみると、
現在の最高音よりも1~2キー(半音から1音)程度、
高い声が即効で出せるようになる場合があります。

裏声を使う

実際の曲では地声で歌っている高音部分も、
裏声にすれば出るのであれば、
裏声で歌ってみるのも一つの手段です。

キーを変える

上記の手順を試しても、
やはり高すぎて歌えない、
声は出るけどしっくりこない
そんな場合はキーを変えてしまうのが得策かもしれません。

キーを変えるといっても、どのくらい変えればいいかわからない場合は、

こちらのページのカラオケキー適正測定機「うたいっちベーシック」を使ってみるのもおすすめします。

音域評価この曲が歌えたら

この曲の音域は広いです。
自信を持っていろんな歌に挑戦してください。

このアーティストの音域データ(最高音)&うたいっち(カラオケキー適正測定器)↓

[not yet]

 

他のアーティストを探す↓

音域データ(最高音)&カラオケキー適正測定器[アーティスト別index]

音域チェックのやり方↓




歌が上手くなるロードマップ↓

それでも歌えない〜歌が上手くなる方法ロードマップ〜【ほぼ無料】